松山の夜は二番町の牡丹がおススメ

この間久しぶりに松山の夜をエンジョイしたヨ。

松山といえば二番町。

牡丹というお店があって、そこのママが別嬪さんなの。

ボクのような文化人が集う店だから一見さんはお断り。

元はといえば、ボクも地元新聞社に紹介されて行ったお店なのよ。

それ以来、松山に行くとちょくちょく寄っているワケ。

ママの手料理が絶品でねえ。

しかも料金は良心的。

松山の夜は牡丹にかぎるというものよ。

もし行きたくなったらボクが紹介するから。

でも無粋な輩はお断りヨ。

万能グルメ

B級グルメが人気だけど、ボクに言わせればあんなものはグルメじゃないね。

一度宇和島のじゃこ天を食べてごらんよ。

品と知性と栄養溢れる味わいにびっくり仰天するのは必至。

だからといって、フランス料理のようにお高くとまってはいない。

あくまでも庶民のグルメなんだから。

宇和島では子供たちがおやつに食べるソウルフードなのよ。

お父さんたちの酒の肴にもぴったり。

言うなれば万能選手なワケ。

これからは東京にも進出するからヨロシクね。