果報は寝て待て

現代人はストレスに蝕まれておる。

特に責任感が強いまじめ人間にその傾向が強い。

風は万病の元と言うが、ストレスとて同じ。

内臓や精神に悪影響をもたらすだ。

胃潰瘍程度で済むならよいが、胃がんにでもなったら元も子もないではないか。

悩んだら考えないようにするのが一番だぞ。

起きていてはそうもいかんと言うのなら寝てしまえ。

己がいなくとも世の中何とかなるものだ。

果報は寝て待つものよ。

鳴かぬなら…

かごの中の鳥は運動不足ゆえ鳴かぬのだ。

人間も同じ。

体が鈍っていると気力体力ともに落ち込むばかりなのだからな。

鳴くまで待っていてはメタボになってしまう。

その先に待ち受けるのは生活習慣病。

ゆえに拙者は心を鬼にして言いたい。

「鳴かぬなら、鳴くまで特訓ほととぎす」

楽して健康は手に入らぬぞ。

人生わずか五十年?

日本人の平均寿命は女性も86歳と2年連続で世界1位、男性が80歳を初めて超えたそうな。

人生わずか五十年の時代とは隔世の感がある。

長生きは結構なことだが、寝たきりとか病気とかで健康寿命は10年も短いらしい。

これではいくら寿命が延びても幸せではない。

由々しき事ではないか。

健康あっての人生。

拙者とともに養生に努めることだ。

心頭滅却すれば火もまた涼し

猛暑が続いておる。

熱中症対策にはくれぐれも気をつけねばならん。

そもそもなぜ現代の夏はこれほど温度が高いのか。

地球温暖化が原因なのであろう。

文明は便利だが、自然を破壊したり厄介なものだな。

江戸時代はクーラーなど無くても過ごしやすかったぞ。

それでも暑くて何もやる気が起きない時などは、無理をしない。

日陰で心を無にして己と向き合うのだ。

聞こえるのは蝉の鳴き声。

気候に逆らわず、のんびり過ごすのが健康の秘訣よ。



不摂生を斬る!

人生で一番大切なのは健康。

いくら金を儲けても不健康では意味が無い。

何事も健康あっての物種。

ところが現代人は不摂生極まりない。

メタボや生活習慣病の蔓延は目を覆うばかりだ。

欲望を貪る生活スタイルに原因があるはず。

健康侍こと健堂一膳之守康介が不摂生を正し、皆の者を健康に導いてくれるわ。

覚悟せよ!