ラストシーン

2時間ドラマはラストシーンがすべてだ。

しらを切る犯人に対当する主人公の刑事。

それがルポライターでも温泉女将でもカメラマンでもいい。

ラストシーン10分間の謎解きが重要なのだ。

大体、2時間もの間集中する視聴者は少ない。

家事や仕事やら、ながら見をしている。

ベッドシーンとか殺人シーンとかで画面を注視する以外はほとんど見ていない。

だからラストシーンで、断片的な記憶をつなげ合わせて犯人の動機やストーリーを再確認するのだ。

意外な犯人像とか、どんでん返しとか、ぜ~んぶ解説してくれるのが有難い。

親切な2時間ドラマが大好きだ。


お約束フレーズ

2時間ドラマでよく聞くセリフ。

「これでアリバイが崩れましたね」

「あなたとはもっと早く違う場所で出会っていたかった…」

「罪を償えばきっとやり直せるさ」

「あなたに私の何がわかるっていうの?」

「子どもを愛してない親なんていないんだ!」

「俺なんか生きてたって価値が無い人間なんだ!」

「もしかしたら、とんでもない思い違いをしていたかもしれない」

「そういうことだったのか!」

「本当はそんなつもりじゃなかったんだ」

「ちょっと待ってくれ。妙だと思わないか?」

「しかしあなたはここで一つミスを犯した。」

黄金の2時間ドラマ

暇なときに2時間ドラマがあると重宝する。

暇といっても何か作業をしながら見るのだから、神経を集中させなければならない番組は困るのだ。

パソコンに向かいながら、気になるシーンで画面に見入る。

音は耳に入る程度で十分。

それでストーリーやキャラクターを把握できるのが有難い。

片手間でわかるのは、水戸黄門のようにパターンがあるからだ。

典型的なのは、ラストシーンでの謎解き。

少しくらい重要な場面を見逃しても、辻褄を合わせられる。

最近では、BGMのように無いと寂しく感じるようになった。