電気山らんぷ

 

スタジオらんぷ主宰。

編集・デザインといったコミュニケーションの世界に長年携わる。

長い海外生活で日本文化の象徴たるマンガの可能性に注目。

サラリーマンをしながら制作を続けている。

講談社水木しげる賞、双葉社新人賞、小学館残念賞など僅かな受賞暦を誇る。