手紙の山

 メール全盛の今日、手紙をもらうのも出すのもめっきり少なくなりました。

だからこそ、引き出しにたまった手紙の山を捨てることができない。

メールはバンバン削除するのに、手書きだと捨てるに忍びなくて。

そこで久しぶりに万年筆で手紙を書き始めたものの、手が止まってしまう。

何と、漢字がスラスラ出てこないのです。

ワープロソフトで簡単に変換できるのは便利だけど、手書き能力が鈍るとは。

不便さも人の能力を維持するためには捨てたものではないですね。