ラストシーン

2時間ドラマはラストシーンがすべてだ。

しらを切る犯人に対当する主人公の刑事。

それがルポライターでも温泉女将でもカメラマンでもいい。

ラストシーン10分間の謎解きが重要なのだ。

大体、2時間もの間集中する視聴者は少ない。

家事や仕事やら、ながら見をしている。

ベッドシーンとか殺人シーンとかで画面を注視する以外はほとんど見ていない。

だからラストシーンで、断片的な記憶をつなげ合わせて犯人の動機やストーリーを再確認するのだ。

意外な犯人像とか、どんでん返しとか、ぜ~んぶ解説してくれるのが有難い。

親切な2時間ドラマが大好きだ。